隠岐 割あご煮干し(飛魚煮干し)

2017年 新物入荷しました。
島根県隠岐の島でとれた「あご」を使って製造した煮干しです。旬の新鮮なあご(飛魚)で作っています。

隠岐 割あご煮干し(飛魚煮干し)

島根県隠岐の島でとれた「あご」を使って製造した煮干しです。旬の新鮮なあご(飛魚)で作っています。

  • トビウオの煮干し
  • トビウオの煮干し 1kg
  • トビウオの煮干し 粉

▼ 隠岐 割あご煮干し(飛魚煮干し)250g


商品:あごの煮干し
■ 品 名  隠岐 割あご煮干し

(飛魚煮干し)2017年 新物

■ 原材料  飛魚
■ 生産地  島根県隠岐の島
■ 賞味期限 約6ヶ月〜12ヶ月
■ 内容量  250g
■ 価格    1863円 (1725円+消費税)
■ ご注文数量
返品・交換について

▼ 隠岐 割あご煮干し(飛魚煮干し)1kg

商品:あごの煮干し
■ 品 名  隠岐 割あご煮干し

(飛魚煮干し)2017年 新物

■ 原材料  飛魚
■ 生産地  島根県隠岐の島
■ 賞味期限 約6ヶ月〜12ヶ月
■ 内容量  1kg
■ 価格    6264円 (5800円+消費税)
■ ご注文数量
返品・交換について

飛魚(あご)の煮干しについて

トビウオの煮干し

あご(飛魚)は当店のある島根県の県魚です。島根では「飛魚」の事を「あご」と呼びます。あごの旬の時期(6月~7月)には刺身、つみれなどで味わいます。キラキラと光る初夏の海の上を飛ぶ旬のあごを使って当店の煮干しは作られます。「飛魚(とびうお)」の名の通り、海面2~4mの高さを約60kmの時速で200m以上も飛ぶほどに運動量が多く、脂質は少なく味は淡白ですが高たんぱくでカリウムを多く含んでいます。また、マグネシウムや血液を作る銅などのミネラルも豊富でビタミンEも含んでいます。

あご煮干しあご煮干しの製造は、あごが隠岐の島沿岸に産卵のためにやってくる6月~7月中旬頃。この時期に1年分のあごの煮干しを製造します。当店のあご煮干しは、新鮮なあごを3枚におろした状態(割った状態)で煮干しにします。頭もはらわたも取り除いてあるので内臓の脂分がなく、酸化しにくい煮干しです。また、出汁も濁りにくく苦味もありません。あごはもともと脂質の少ない魚です。煮干しにするとその淡白な白身に深味が入り、甘く独自の風味を持ちます。嫌な癖はありません。そのまま食べても美味しい煮干しです(小骨に注意)干すのは天日干しではなく、機械乾燥です。身も厚く、製造の旬が梅雨の時期のため衛生面からも機械乾燥で仕上げています。

※あごの煮干しは飛魚(あご)がとれるシーズンに1年分をまとめて製造します。そのため、新物シーズンを過ぎるにしたがって煮干しの色が濃くなります。冷蔵庫保存をしていますが防ぐことができない現象です。製造のサイクル上、そのような状態になりますことをご理解いただけますようお願いいたします。

古あご煮干し新物シーズンを過ぎますとこのように濃い色になります。ストックは冷蔵庫保存をしています。

■ 割りあご(あご煮干し)製造の様子はこちら >>

飛魚(あご)の煮干しの出汁について

トビウオの煮干し 料理

あごの煮干しは上品でスッキリとした甘味と独自の旨味がある出汁がとれます。煮物、味噌汁など色々な料理に使えますが、特に麺類(蕎麦、うどん、ラーメン、素麺など)にはよくあいます。
割り身の状態ですので、出汁が出やすいです。当店の商品の中でもリピ-タ-さんの多い煮干しです。
一般のご家庭用はもちろん、お蕎麦屋さん、おでんやさん、うどんやさんなど出汁にこだわられる飲食店様のお求めも多いです。
画像の料理は「島根県ふるさと料理」に認定されている『あごのときくずし』です。あごのだし汁に味噌を溶いて、山芋をすったものとあごのそぼろなどを加えたもの。ご飯と混ぜていただきます。トッピングにも島根名産のあご野焼き(飛魚を原料にして作った練り製品)や板わかめを。季節にしか食べることができません。

お届けするあご煮干の状態について

あご煮干し

●あごを乾燥をさせてから計量、梱包などの作業途中でどうしても欠けたり粉になってしまいます。製造上の理由によりご迷惑をおかけいたしますが、ご理解下さいませ。
(上の写真のような身の部分だけではなくどうしても破片や粉が混じっております)

▼製造上、あごの煮干しは以下のような状態です。ご理解をお願いいたします▼

あご煮干し ●頭、内臓を取り除き、脂が回らないように干してあるのでカラカラに乾いています。そのため、身が割れやすく粉になりやすいです。

あご煮干し ●固まりだけではなく、どうしても細かく割れた部分や粉が混じっております。

あご煮干し ●このような身の部分と共に・・・

あご煮干し ●このような状態のものも入っています。
おつまみなどの目的でお求めになられる場合は、形の面でご期待に添えないと思われます。
砕けたものも粉も出汁として充分使えます。出汁取り用としてお使い下さい。もちろん、固まりの部分は腹骨を気をつけていただければそのまま食べても美味しいです。

あご煮干し●固まりの部分もわざわざすり鉢などで細かく粉にして出汁を取るやり方もあります。出汁がより出やすい方法です。かなり細かくなりますので、そのまま使う事もできます。

あご煮干し●粒子が気になる場合はだしパックをお使い下さい。

お買い物をする

あごだしの取り方

材料

割りあご(飛魚の煮干し)・・・約20g

水・・・約1リットル

  • 水から入れ、火にかけます。沸騰したところへ入れないようにします。

  • 弱火にかけ、沸騰したらアクを取り除き、さらに弱火で4~5分煮出します。

  • 熱いうちにゆっくりと濾します。

  • 使用前にフライパンで軽く炒って使うと香ばしさがプラスされます。

  • また、だしパックに入れて軽く叩き、砕いて使うとより風味が出ます
あご(飛魚)のだし

※赤字の箇所は省いてもよいです。

あごは単独で出汁が取れますが、昆布や椎茸と合わせてもまた違った風味が楽しめます。

※アクはあまり出ないと思いますが、出てきた場合は取り除いて下さい。

※すり鉢で粉々にすり、粉状にして使うのもお薦めです。出しがらが出ず、出汁の出もよくなります。
あごの煮干しは乾燥度が高く、頭やはらわたがありませんので粉にしやすいです。

素麺つゆ(冷やしうどんのつゆにも)の作り方(約4人前)
・あごだし  2カップを中火にかけ・・
・濃い口醤油    約50cc
(醤油により味、濃さが違いますので味見をしながら加減して下さい)
・みりん   大さじ3
・砂糖    大さじ2
(甘さは好き嫌いが分かれるところです。調整下さい)

上の3つの調味料を次々入れて混ぜます。
火を消して冷まして出来上がりです。

出汁をとった後のあごの煮干

骨を取ってそのままお醤油をつけて食べたり、煮物の場合はいっしょに盛り合わせても。
だしを取った後でも美味しいです。(小骨には気をつけて下さい)

バラバラにほぐして、醤油や酒、みりんなどで炒りつけ、しっとりしたふりかけに。

商品おすすめポイント
 当店の隠岐 割あご煮干し(飛魚煮干し)のおすすめポイント!!
1:煮干し特有の魚のにおいが全面に出ず、上品な風味の出汁がとれます。
2:頭とはらわたが取り除いてあるため、劣化が遅く保存しやすいです。
3:カラカラに乾燥していますので粉にもしやすく無駄がありません。
4:発送まで冷蔵庫、または冷凍庫で保存しています。

■使い道 麺類の出汁取りにおすすめですが、その他のお料理の出汁取りにも。

商品インフォメーション
原料採取地: 島根県隠岐の島
原料製造地: 島根県隠岐の島
袋詰めの場所: 島根県隠岐の島、島根県出雲市
賞味期限:約6ヶ月〜12ヶ月
保存方法:瓶や缶などの密封容器に移し入れ、
      直射日光をさけ冷暗所で保存してください。
その他 :酸化防止剤は使っていません。

お買い物をする

■ 松ヶ枝屋 インフォメーション

営業時間
AM10:00 〜 PM:6:00

 松ヶ枝屋
松ヶ枝屋

 住所 693-0001
 島根県出雲市今市町1408
 Tel/Fax 0853-21-0222
 営業時間 10:00~18:00
 休業日 日曜・祭日
 駐車場について >>

PAGE TOP ↑